FC2ブログ

2021年5月の鳥っこ (クロツラヘラサギ)

tori21-0516-016.jpg

クロツラヘラサギ・・・もう見たまんまのネーミング(笑)


(写真をクリックしても無駄な作業です)
 
 

 
tori21-0515-003.jpg

この日は何の目的もなく小川原湖沿いを走っていたら、八戸野鳥の会のMさんとバッタリ。
Mさんは八甲田を背景に野鳥を撮ってる最中でした。良い写真を撮ってる人って花と絡めたりしてるんですよね。
自分はというと鳥を撮るのにいっぱいいっぱいで、いつも鳥をど真ん中にドーン!
いわゆる日の丸写真ってやつですね。修行が足りん!

tori21-0515-001.jpg

で、日の丸写真ドーン!でオオヨシキリ(笑)
オオヨシキリって我が家の前の田んぼでもしきりに鳴くから年がら年中居るもんだと思ってたんですが、
どうやら夏鳥らしいですね。そういえば冬は鳴いてないもんね。

オオヨシキリ
全長18.5cm。夏の季語「行々子(ギョギョシ)」は、オオヨシキリの鳴き声から。
「行々子口から先に生まれたか」 by小林一茶

アジア大陸の中緯度で繁殖し、冬期は熱帯地域へ渡ります。
日本では全国で繁殖する夏鳥ですが、沖縄地方では渡りのみ。
「ギョギョシ ギョギョシ ギョギョシ」あるいは「ケケス ケケス カイカイシ」などと聞こえる大きな声。
(サントリーの愛鳥活動 日本の鳥百科より)


tori21-0515-.jpg

田んぼとかで車を走らせればいつも前をちょこまかちょこまか歩いてるヒバリ。

tori21-0515-002.jpg

求愛中のカンムリカイツブリ。

カンムリカイツブリ
全長56cm。日本では、青森県の市柳(いちやなぎ)沼とその周辺で1972年(昭和47)以来繁殖例が知られる。
(サントリーの愛鳥活動 日本の鳥百科より)


準絶滅危惧種?その割にたくさんいます。

tori21-0515-004.jpg

チュウシャクシギ
全長42cm。ハト大で、くちばしは長く下を向く。
ユーラシアと北米の寒帯や亜高山のツンドラで繁殖し、日本では春と秋の渡りの時に見られるらしい。


tori21-0515-006.jpg

巣作り中のコブハクチョウ。

tori21-0515-007.jpg

あ、オジロワシ!ロシア方面には帰らず小川原湖周辺に居ついたやつ。

tori21-0516-001.jpg

そして本題のクロツラヘラサギ
八戸のMさんたちから姉沼に来ているよと教えてもらって行きました。

tori21-0516-003.jpg

クロツラヘラサギ
全長:74cm。湖沼、水田、干潟に飛来するが、少ない。(絶滅危惧種)
極東を中心に世界に4,000羽あまりしかいない絶滅危惧種


tori21-0516-002.jpg

黒い顔(面)、ヘラの様な嘴、サギ・・・んで、クロツラヘラサギ
顔が赤かったらアカツラ、白かったらシロツラ・・・いや、そんなの居ないんですけどね( ̄∇ ̄#)

嘴をちょっと開いて水に突っ込んで左右に振りながら餌を探してます。
餌はカエルやドジョウ、カニ、エビ、小魚等々。

tori21-0516-011.jpg

なんか枝を咥えて遊んでます。

tori21-0517-012a.jpg

どうです?けっこう幅の広い嘴ですよね。

tori21-0516-021.jpg

午後、せっかく順光になったのに寝てばかりで全く動かず、痺れを切らして移動してしまったけど、
結局、撮影できたのはこの日だけで、またどこかに飛んで行ってしまいました。
クロツラヘラサギは日本には冬鳥として主に西日本に飛来するそうで、
こっちで見られるのはそうそうないんだそうです。
4月のコウノトリに引き続き貴重な野鳥を撮影できたことに感謝です。
 
 
 
 

スポンサーサイト



テーマ : 青森県の話題
ジャンル : 地域情報

tag : クロツラヘラサギ

2021-08-01 : 独り野鳥倶楽部 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ポン太

Author:ポン太
+α的blogから、こちらに引っ越しましたが、相変わらず気まぐれな更新です

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる